2017年06月29日更新
「T2アジア太平洋リーグ(T2APAC)」

「T2アジア太平洋リーグ(T2APAC)」がマレーシアで始まっています。
世界トップクラス24選手が参加されており、賞金総額はなんと!
175万ドル(約1億9600円)〜〜〜〜!

今までの感覚とは違い娯楽感も含め、しかも緊張感・わくわく感もありそうな、
そんな「新しい卓球のありかた」を(@_@)目にしました。

試合はこんな風に行われているようです…
4チーム編成に分かれていました(国籍関係なく男女混合なんですね)
男女シングルス・混合チームの団体戦。

■チーム・メイス
(キャプテン:Mメイス)
男子 : ボル(ドイツ)・シバエフ(ロシア)・陳建安(台湾)
女子 : 馮天薇(シンガポール)・早田ひな(日本)・梁夏銀(韓国)

■チーム・ロッシー
(キャプテン:Jロスコフ)
男子 : オフチャロフ(ドイツ)・ドリンコール(イングランド)・尚坤(中国)
女子 : 鄭怡静(台湾)・サマラ(ルーマニア)・ポータ(ハンガリー)

■チーム・パーソン
(キャプテン:J.パーソン)
男子 : 水谷準(日本)・カールソン(スウェーデン)・朱世ヒョク(韓国)
女子 : 丁寧(中国)・サウェーターブット(タイ)・スッチ(ルーマニア)

■チーム・江加良
(キャプテン:江加良)
男子 : 荘智淵(台湾)・サムソノフ(ベラルーシ)張本智和(日本)
女子 : 武楊(中国)・田志希(韓国)・エクホルム(スウェーデン)

懐かしいですね、世界選手権2連覇の「江加良」さん!
「陳龍燦」さんとともに中国の強い時代の名選手ですね。

ルールは…
*1試合24分の時間制限方式(24分になった時点で得点の高いほうが勝ち)
*(11点ジュースなし)
*残り時間2分以内で最終ゲームに入った場合は5本先取
*残り時間が無くなった時点で同点の場合、次の1本を取ったほうの勝ち
*6本ごとのタオル使用では(10秒間アドバイスOK)
*獲得ゲーム数がポイントされていく
(ゲームカウント0−3でも、チーム全体の獲得ゲームポイントで勝敗が決まるため、最後まであきらめられない)

また、1個のボールで試合をするのではなく、テニスのようにボールが次々とボールボーイから渡されています。拾いに行かなくてもいいんですね。
中国のリーグでも試合を見ていて、ボールを拾いに行かずプレーをしていたのをみたことがありました。

しかし、フエンス際にはボールが転がっていて、後ろに下がった時踏まないか気にはなっていました。

そして卓球台は昔の緑色のような台。
センターラインが引かれていないので、テーブルがのぺーんとしている感じ?!
コートの周りにはフエンスで仕切られているではなく、バスケットボールやバレーボールのように互いのベンチに分かれ、時にキャプテンは席を立ち気合が入っているッ!

昔もこのような感じでショー的に卓球をやっていたことを思い出しました。
その時は見るほうも恥ずかしい感じでしたが、とても奇抜?衣装で卓球の試合をしていたような記憶があります(ワルドナーさんだったでしょうか)?

今回はそのようなことはなく、アンダーアーマーのブランドでTシャツやタンクトップなど、デザイン的にはシンプルなユニホームかな。
でも、白熱した大会となっていましたよ(^◇^)

固定観念にとらわれず、卓球もこういう形ってありなんだな!…とおもいました。
この大会の創設者は、卓球経験のないビジネスマン!ならではの発想なんですね!!?
今後も楽しみです。

以前誰かがいっていた「卓球はネクラ」…のイメージはどこへやら!
今はお洒落な雰囲気をかもしだしてきている「タッキュウ」ブーム
日本の卓球が強くなってきたからこそ、今があるのですね(^_-)-☆
感謝感謝です=====

日程
。/28〜6/30
■/11〜7/15
8/1〜8/5
ぃ/19〜9/23
ィ隠/3〜10/7
Γ隠/31〜11/4
В隠/7〜12/9

どのチームがファイナリストになるのでしょうか!?