2017年08月09日更新
T2「薛飛」選手参戦!!

「今年一番の猛暑」!

群馬県館林市では38.8°と、モ〜ショとなったようです。

また、この時期は湿度も高く「タッキュウ」にはとてもイヤな季節でもあります。
ペンホルダー(裏面裏ソフトラバー)の使用では、手に汗をかきツルりと滑る。
手に握っていたボールにも汗が付き、ボールも「ぼとりっ」…と落ちる、苦手な時期ですね。

海外では「T2」が行われており、第3ラウンドから中国の「薛飛」選手が参戦していましたよ。
右利きのドライブマン、裏面にもラバーを貼っており、「王皓」選手のような裏面打法を得意とした選手です。

裏面打法で有名な選手といえば、中国の「許機彖手や香港の「黄鎮廷」選手…が活躍されていますね。

シエイクハンドラケットが全盛の卓球界。
ペンホルダー選手の活躍は、私にとってとても希少価値アリアリです=。
今後もT2参戦に期待したいですね。

ここ最近は「薛飛選手」の練習風景を映した動画を見ながら、裏面打法…のイメージを膨らませています。

また「張本智和」選手VS「水谷準」対決が見れましたね。
最後は「張本選手」が、台上ギリギリのボールを決めに行った際、右手を負傷し流血してしまいゲームは終わってしまいましたが、「張本」選手はまた強くなっているようにみえました。

……

今年度は「部活動のインストラクター」を務めてさせていただく関係で、運動部活動指導者講習の受講にいかさせていただきました(7月)

前半は…
・「学校教育活動としての部活動の意義と指導者の責任について」
 〜県教育委員会保険体育科
後半は…
・「指導者に求められる資質〜よりよい部活動指導のために」
 〜専修大学経済学部教授

この研修のねらいは…

運動部活動のあり方や効果的な指導方法について、講義等を行い、指導力の向上と運動部の活性化を図る…というものです。

ここ最近は「体罰」やいじめなど等の問題も報道等でも耳にしています。
講義では、「ボタンのかけ違いによるものも多い」…とありました。
それは「強くなってほしい」…のいっしんからなのでしょうが、口から発する言葉は気を付けなければいけませんね。

「吐」という字は、プラス(+)にもなればマイナス(−)にもなる(そういう字なんですね)

・スポーツとは何でしょう?…それは
 一定のルール(規律フェアプレ・スポーツマンシップ)のもとで勝敗(相手との)を競うものですね。

また、「敗者」を作るために行われている、ともおっしゃっていました=。
(成長「次のステップ」への課題(目標)を示してくれます)
そうですよね、メダル(優勝・1番)をとれた人以外は、すべて敗者なのですから!

そこで敗けた時にどんな言葉をかけてあげられるか?…
結果だけではなく、プロセスを認めてあげること。
次へのステップに行くためにはとても重要なことですね。

負ければ誰でも悔しいし「リベンジしてやる〜〜〜」ですよね
でもこの言葉は不適切!(リベンジ=復讐・仕返し・うらみをはらす・報復…)らしい〜
なぜ負けたかなど学び、経験を積み重ねぇ〜〜〜予習復習の「復習」の方がいいですね!!…とのことでしたよっ!

【スポーツ手段論】として…
・教育が強くなると、楽しさを忘れている傾向
・部活動を通じて(裁量権)を奪っている
(人の考えによって判断し、処理をすること)

…ということや、

【部活動の学校教育上の位置付け】…には
・生徒の自主的・自発的な参加により行われる部活動は「学校教育の一環」なども記されている

しかしながら…

【スポーツの目的論】である……
         
                  「ゲームとして楽しむこと」!!

これっ!! 忘れてはいけません…ねッ!!

何か堅苦しい話になってしまいましたが、研修報告でした。…オワリ