2017年09月12日更新
本当は…?右利き!?左利き!?

「卓球の講習会」でこんなことをやりました。

 嵶昭蠅了悗鯀箸鵑任澆泙靴腓Α
両手を前に出し自然な気持ちで手(指)を組んでみます。
(お願いをするとき、なぜか自然と手を組むアレです)

その時っ!!
・左親指が上にきましたか? 右親指が上にきましたか?

次ぃ〜◆嶇啻箸澆鬚靴討澆泙靴腓Α
考えこむときなど、自然と腕組みとかしちゃいますよねぇ〜アレです。

また、そのときッ!!
・左腕が上にきましたか? 右腕が上にきましたか?

というのを参加者皆さんでやりました。
…でこれがどうのという詳しい説明はありませんでしたが、
「脳の回路を変えていきましょう」という一例でやってもらったのではないかと思われます。

たとえば、「ペンホルダーの握り方では、後ろの指は広げないようにしましょう」
「ラケットは少し立てて打ちましょう」…
今までこうやってきたこと考え方・楽しみ方等、中々変えていくのは難しいかも知れません。

でも、少しの勇気をもって思考回路を軌道修正してみるのも、
また新たな「卓球の面白さ」また、上達への糸口ではないかとおもうんです。

ではでは、先ほどの「手と腕の組み方」では何がわかるのでしょうか!?
調べてみると、簡単な心理テストのようでした!!

1つは、タイプ別の性格診断です。


・左親指が上にくる→物事を「右脳」で考える 
・右親指が上にくる→物事を「左脳」で考える


・左腕が上にくる→「右脳」で行動する 
・右腕が上にくる→「左脳」で行動する

結果は〜〜

◆指(右脳)+ 腕(右脳)
感覚で行動するタイプ
楽天的、マイペース、自分大好き、天才肌

◆指(右脳)+腕(左脳)
感覚的に直感で分かって、論理的に話すので出世タイプ
個性豊、負けず嫌い、我が道を行きつつ客観的な視点…

◆指(左脳)+腕(左脳)
現状を論理的に分析し行動タイプ。
几帳面、努力家、筋道立てる、まじめ、

◆指(左脳)+腕(右脳)
論理的に分析するも、表現が感覚的なので理解されにくいタイプ
社交的、おしゃべり、細かいことはきにしない

皆さんは何タイプになりましたか!?

そしてもう一つ
「潜在左利き」がわかる方法らしい??!のです。

「指を組んだ時」…どちらの手(親指)が上にきましたか!?
普通は「利き手(親指)が上」にくるそうです。

●右利きなのに左手の親指が上に来る人は「潜在左利き」の可能性アリ

「腕を組んだ時」…どちらの腕が上に来ましたか!?
●右利きなのに、左腕が上に来る人は「潜在力」はかなり強いと考えられているようです。

医学的・科学的な根拠はないようですが、話ネタとしてどうでしょう。
ちなみに私は潜在左利きのようです。「卓球」で両手打ち!試してみようかな!!