2018年02月26日更新
卓球W杯、若い女子チーム一丸で歴史の壁に挑んだ!!

写真:卓球W杯、若い女子チーム一丸で歴史の壁に挑んだ!!

2018ワールド卓球チームカップは最終日の決勝を迎えました。
平均年齢19歳チーム、決勝相手チームはやはり中国でした。

結果は…
^貌H誠/早田ひな 1-3丁寧/劉詩ブン
(−7、ー6、6、−8)
◆\仞邁遜磧。-3  朱雨玲
(−5、ー7、−7)
 伊藤美誠 0-3  丁寧
(−7、ー9、−8)
ぁ〜疆弔劼----------朱雨玲
ァ\仞邁遜----------劉詩ブン

,離瀬屮襯浩錣蓮■灰押璽猝椶烹凝世妊押璽爐鮗茲辰拭
ゲームカウント2対1で4ゲーム目になりました。
このゲームの6−10でマッチポイントまで迫った所で、中国の「タイムアウト」
中国にタイムアウトを取らせるほど、日本は中国に近づいて来ている事がうかがえました。


∪仞邁遜秡手と朱雨玲選手の試合です。
誕生日を大会中で迎え25歳になったキャプテンの重圧の掛かる試合です。
相手朱雨玲選手は、バックハンドは上手く、相手の攻撃も守るのが得意な選手です。

石川選手の出だしは、緊張よりコースが上回っていました。
朱雨玲選手は、ドライブやバックの回転量が強いが、石川選手も以前よりバックハンドは速くなってきている。
中国が最も恐れる相手の日本戦だが、昨日までの試合と比べボールが1球多く返球されてきている。
そして、朱雨玲選手は以前の安定型から、攻撃型にも変化もしてきていた。

石川選手のレシーブは、3ゲーム目に入っても迷いが観られ、朱雨玲選手に先に攻められているシーンが多くなっていた。
そして、朱雨玲選手のバックハンドラリーは、強弱がついていてバック戦では打ち負けてしまう。
フォアハンドもゆっくりしたり色々なボールを送って来ている。

中国朱雨玲選手側は、7-10のマッチポイントを迎えた時には「タイムアウト」をとった。
朱雨玲選手も日本には負けたくない現れのようでした。

石川選手は、最後1本までも粘りは見せたが、バックラリー戦では1本多く返球できなかった試合でした。
結果、朱雨玲選手にストレート負けで伊藤選手に望みを託しました。


A監本チャンピョンの伊藤美誠選手の相手は「丁寧選手」です。
伊藤選手は、丁寧選手を打って後ろに下げロビングを、何本かさせていたシーンも観られた。
しかし、丁寧選手とは身長差があり、コースを大きく振られている。

伊藤選手は磨いてきた速い回り込みで、臆する事無く相手フォアの深い所に豪快なスマッシュを決めた。
又、長いラリーに中には「みまパンチ」も交え、ラリーに打ち勝った場面もあったが…
9点と後2本迫るが、ゲームを奪えず2ゲーム連取された。

3ゲーム目は、伊藤選手が2-5で「タイムアウト」をとって流れを変えたい。
8−10、ネット対応を伊藤選手が上手くしのぎ入れたボールに、
丁寧選手は足を床で滑らせてしまった。

この時に中国チームは「タイムアウト」を取って休ませた。
タイムアウト明け、此の儘 伊藤選手の敗戦と同時に中国が優勝を飾りました。