2018年03月04日更新
《卓球のトップ選手が集うジャパントップ12》でリベンジを果たした日本の大エース!!

LIONカップ 第22回ジャパントップ12卓球大会
2018年3月3日(土)に東京:駒沢オリンピック公園総合運動場 屋内球技場で開催されました。
男女参加選手の中で、注目は水谷選手の参戦で、最年少全日本チャンピオンの張本選手との激突でした。
そして、急成長女子の17歳早田ひな選手の試合ぶりに注目されました。

この大会は、1996 年に第1回が中野区立体育館で行われました。
:男子初代の「優勝は伊藤誠選手」
「準優勝 松下浩二 選手」
「3位 岩崎清信 選手と山本恒安選手」
:女子初代「優勝者 小山ちれ選手」
「 準優勝 東童多英子選手」
「3位  佐藤利香 選手と 坂田愛選手」

名称は第4回まで「石川杯」とされていたが、第5回〜第13回は「会長杯」となり、その中の第10回〜12回の3回は「大林カップ」と呼ばれていたそうです。
2017年から「LIONカップ」という名称で行われています。
そして、卓球<賞金>もたくさん出ています。
参戦は原則として、直前に開催される全日本卓球選手権大会の男女シングルスベスト8と日本卓球協会が選考した男女4人の合計各12人が参加し、優勝賞金100万円をかけて争う大会です。
賞金として…
1位:100万円
2位:50万円
3位:20万円(2名)
4位:10万円(各リーグ戦2位の4名)
5位:5万円(各リーグ戦3位の4名)


「2018年LIONカップ」の
男女各12名の参加選手は…
(男 子)
上田 仁(螢轡А璽ハンズ)
大島 祐哉 (木下グループ)
神 巧也 (シチズン時計)
張本 智和 (JOCエリートアカデミー)
松平 賢二 (協和発酵キリン)
水谷 隼( 木下グループ)
森薗 政崇( 政崇( 明治大学)
吉田 政美 (協和発酵キリン)
吉村 真晴( 真晴( 名古屋ダイハツ)
渡辺 裕介 (明治大学)
吉村 和弘( 和弘( 愛知工業大学)
松山 祐季( 祐季( 愛知工業大学)

女 子
安藤みなみ(専修大学
佐藤 瞳(ミキハウス)
芝田 沙季 (ミキハウス)
永尾 尭子 (アスモ)
長 美柚( JOCエリートアカデミー)
橋本帆乃香( ミキハウス)
早田 ひな( 日本生命)
前田 美優( 日本生命)
松澤茉里奈 (十六銀行)
森 さくら( 日本生命)
森薗 美月( サンリツ)
大矢未早希( サンリツ)


<男子シングルス予選リーグ>
Aグループ… 
張本智和・ 渡辺裕介・ 吉田雅己
Bグループ…
神 巧也・ 吉村真晴・ 吉村和弘   
Cグループ…
森薗政崇・ 大島祐哉・ 上田 仁
Dグループ…
水谷 隼・ 松平賢二・ 松山祐季

<女子シングルス予選リーグ>
Aグループ… 
橋本帆乃香・ 前田美優・ 大矢未早希
Bグループ…
森さくら・ 松澤茉里奈・長美柚   
Cグループ…
佐藤  瞳・ 早田ひな・ 森薗美月
Dグループ…
永尾尭子・ 安藤みなみ・ 芝田沙季


《男子決勝》
張本智和 2 VS 4 水谷隼    
(11- 8、8-11、11- 5、6-11、 9-11、5-11)
《女子決勝》
橋本帆乃香  0 VS 4 早田ひな
(7-11、7-11、5-11、6-11)

《男子準決勝》
張本智和 4 (-7.5.6.3.-9.6) 2 神巧也

水谷隼 4 (9.6.-8.8.-3.-7.5) 3 大島祐哉

《女子準決勝》
橋本帆乃香 4 (5.9.-7.6.6) 1 長崎美柚

早田ひな 4 (9.8.6.2) 0 安藤みなみ

結果は…
女子は「早田ひな選手」が予選グループから1ゲームも落とさない試合ぶりで初優勝できました。

男子は「水谷隼選手」が「張本智和選手」をゲームカウント4-2で破り、2014年以来4年ぶり4回目の優勝でした。

インタビューでは…
・張本選手…自分としては90%の力は出せたが、水谷さんが台から全然下がらず、強かったです。
・水谷選手…張本にも、周りのみんなにも、まだまだ いけるんだぞという所を観せられて良かったです。

そして、解説の宮崎氏は、『張本選手が5ゲーム目の10−9に追いこんだ時に「タイムアウト」をとってしまった。
タイムアウトを取りたかったのは、水谷選手の方で、得点をした良い流れを張本選手自身が止めてしまった。
勝ちを確信したのでしょう。
この、経験の差が、勝敗を分けたと思います』と話していました。

水谷選手!リベンジ成功おめでとうございます!!
因みに、前回大会優勝は、男子が「上田仁選手」で女子は「石川佳純選手」です。