2018年05月04日更新
「世界卓球女子」負けたら終わりのトーナネメントヘ! VS「ウクライナ」

写真:「世界卓球女子」負けたら終わりのトーナネメントヘ! VS「ウクライナ」

2018世界卓球、準々決勝です。
勝てばメダル確定するウクライナ戦の結果は…
《日本 3−0 ウクライナ》
^貌H誠 3−2 ペソツカ
∪仞邁遜磧。魁檻亜.咼譽鵐
J震酥宇 3−0 ガボノワ
だ仞邁遜磧 次次次.撻愁張 
グ貌H誠 ーーー ビレンコ

^貌H誠 VS ペソツカ
(4.ー6.5.−13.11)
相手ペソツカ選手は、175cmの長身からのバックドライブを武器に闘ってきます。
エースのペソツカ選手を中心に、シンガポールに勝ってきた強敵です。
緩いボールを巧みに使い伊藤選手は、打たされている様な入りでした。

伊藤選手は手首の力が非常に強く、バックドライブ、ミート打ち、スマシュ、チキータをバック表で自由自在にできる選手です。
負けたら終わりのトーナネメントヘ戦に備えて、バックストレートを練習したそうです。
速さの部分では、伊藤選手の方が圧倒しています。
ペソツカ選手は、後ろに下がったラリーで闘ってくるので、左右に振ってプレーしたい!

ペソツカ選手の、緩いボールに伊藤選手の速いタイミングをずらされて、2ゲーム目は落としてしまった。
伊藤選手は、ラリーの凡ミスが少なくなって、安定感が伺えるが、緩いボールで打たされてミスが続いた。

3ゲーム目の伊藤選手は前に寄せて、深いボールで前後に揺さぶる。
攻略の糸口が見えてきて、伊藤選手は乗ってきた!!

4ゲーム目の2点取られた所で、ペソツカ選手は「タイムアウト」をとった。
そして、サーブのトスが少ないと、”レット”を取られ注意を受けた。
流れは、伊藤選手の様に見えるが、相手のエースも一歩も引き下がらず、伊藤選手を揺さぶってくる。
スマッシュが入らずジュースが続き、逆チキータで変化を付けるもゲームを奪われ最終ゲームになった。

ゲームカウント2対2。
伊藤選手はフルパワーでは無く、コースを付きミドル攻撃で4-4の同点にする。
ここから、粘り強さを見せるペソツカ選手にリードされる。4−5
ペソツカ選手は、全身を使った重いボールを繰り出してくる。

伊藤選手ピンチ!!
一進一退の攻防は”心の勝負”になっていった。
伊藤選手は、仲間の応援で勇気をもらっている。
が〜、相手サーブに美誠パンチも効かず、ペソツカ選手にマッチポイントを握られた。8−10

ここからの伊藤選手勝利は、得意のみまパンチ、チキータからの1点、最後はロングサーブでマッチを制しました。13−11

崖っぷちも仲間の応援で、心の勝負に勝って渡されたタスキを、しっかり受け取った石川キャプテン!
石川佳純選手の相手は、カットマンの「ビレンコ選手」です。
新キャプテンが、若手選手達に背中で観せた闘いぶりでした。

石川選手のフォアハンドの威力は増していて、カットマンボールもサーブからの3球目でしっかり仕留めています。
カットマン対策もしてきて、冷静に闘っていました。
ビレンコ選手は、バックに粒高を貼っているが、常に反転していて、どちらから打ってくるかわからない選手です。

石川選手の強打が輝いていた。
ビレンコ選手も攻撃を仕掛けたい気持ちがあるが、先に石川選手に打たれていた。
終始 石川選手のプレーが際立っていて、ほとんどラリーにならない。

結果、5.5.2点で石川選手勝利。
見事なストレート勝ち!!
完璧な対カットマン戦でした。


J震酥宇選手 VS ガポノワ選手
相手は、ビレンコ選手に続き「カットマン」でした。
平野選手は、最先端を行く卓球スタイルで、圧倒的なスピードを誇る光速卓球。
伊藤選手はカットマンを得意としていますが、最近の平野選手もカットマンに弱いイメージがなくなってきたといいます。

この日の平野選手は、打つコースもよく、カットマンの嫌がるミドルを攻めていた。
打点の高さも良かった。
速いボールもあるが、緩いボールで送るという、新しい引き出しを見せていた。

ガポノワ選手も、ラケットをくるくると回している選手。
しかし、平野選手は全くスキのないカットマン戦で、深追いをせず、しっかり変化を見て闘っていた。

平野選手も、審判からサーブトスが低いと注意を受けた場面もあった…が
この日の、平野選手は集中力も高く気持ちが出ていた。
解説の宮崎氏は、「小さな体からよくあの速いボールが出る」と感心していました。

最後3本は超高速攻撃卓球も出て9−1。
ロングサーブで10−1。
最後、マッチポイントはミドルへ攻め込込んだ。
結果、2.5.1のストレート勝ちをしました。


準決勝は歴史的な大一番になります。
対戦は、韓国、北朝鮮の合同チームに成りました。
色々な思いは捨てて、卓球で勝負をしたい☆彡