2018年05月04日更新
「世界卓球」男子トーナト1回戦8強へ 香港戦!!

写真:「世界卓球」男子トーナト1回戦8強へ 香港戦!!

「世界卓球」男子決勝勝トーナメント1回戦の日本vs香港戦です。
高い勝率を誇る日本人キラーの「黄鎮廷選手」を、中心とした香港チームとの対戦です。

《日本  VS  香港》の結果は…
…ニ榁厦臓 。魁檻亜_鎮廷
⊃綯準   3−1 何鈞傑
C葦孝希  3−0 林兆恒
た綯準   ーーー 黄鎮廷
ツニ榁厦臓  次次次_錘盞

 崢ニ棔VS 黄鎮廷」
 (8. 8. 9)
日本人キラーの香港のエースと激突しました。
黄鎮廷選手は中国ペンホルダーで、打つコースが分かりずらい。
黄鎮廷選手は張本選手のチキータを、嫌がっている様に観えました。
このチキータを使い、黄鎮廷選手のフォア前を積極的に潰しにいった。
お互い、下がらないプレーを展開しているが、張本選手の積極性が上回り勝利した。

張本選手、第2ゲームからも、フォアもバックもラケットを台から下げず闘っていた。
殆んど、相手 黄鎮廷選手に卓球をさせていない。
張本選手が中心に、このゲームを動かしていた。
そして、面白い様にバックハンドを決めていた印象です。

3ゲーム目も、フォアハンド強打が決まる。
得点率が高く相手は振り遅れていった。
たまらず、黄鎮廷選手がタイムアウトを取るが、明けも張本選手が攻めていた。

張本選手が9−6で、止めた後の一撃をネットに掛け、悔しがり両足で床を蹴っていた。
これを観た、倉島監督が気を落ち着かせる為「タイムアウト」を取った。
ここから、落ち着いてマッチを制しました。
世界7位の黄鎮廷選手に対して、何もさせなかったという闘いぶりでした(^_^)


◆嵜綯準 VS 何鈞傑 」
 (−10.12.9.4)
覚醒した水谷選手がエースの闘いを見せた。
張本選手が勝って、自分が負けられないという気持ちではなく、「自分もいくぞ〜」と思って闘ってほしい!
パワーあふれる両ハンドで気を抜けない何鈞傑選手。

出だし、水谷選手は安全に戦おうとして、下から持ち上げるボールが多いように思えます。
水谷選手は、前で戦うというプレスタイルで幅を広げてきた様に思います。
これは、張本選手の出現だった。
今迄は、「中陣と後陣」だったが、今は「中陣と前陣」になっていますね!

1ゲーム目のジュースを落としたのは、何鈞傑選手が先に攻めて水谷選手が受けにされている。
レシーブを安全に、下からラケットを持ち上げている所を狙われた。

2ゲーム目からも、何鈞傑選手は下がっても、繋ぐボールは無く、すべて攻めてくる。
苦しい時には、得意のサーブで得点した。
何鈞傑選手のサーブも分かりずらく、少しでも浮いてしまうと攻められた。
10−10のジュースでも、エッジボールのアンラッキーもあり、ゲームポイントを先に握られた。
しかし、受けに回された水谷選手も、思いきりフォアサイドに攻め14−12で制した。

1、2ゲームを手こずった。
団体戦は強さを発揮する水谷選手。
最後の2本は、サーブでプレーを作り9点で相手を制した。
流れを自分に持ち込みたいと、サーブと気持ちで、苦しんで3ゲーム目を勝ち取った。

4ゲーム目は、ゲームカウント2対1に成った事で、何鈞傑選手も今迄の様に、積極的に攻めにくく成った様です。
水谷選手のゲームは大きく変わり、自分から仕掛けて戦えた。
苦しんだが、エースの貫禄を見せて4点で押さえ、3−1で勝ちきった。


「丹羽孝希 VS 林兆恒」
 (3. 7. 11)
日本人トップのワールドランク9位。
稲妻カウンター、超高速卓球と言われている丹羽孝希選手です。
種類の多い、良いサーブも持っている。
幻想的なプレーをし、スマッシュもすばやく回り込み打球点が高い。
丹羽選手は、ラケットを斜めに出し、ストップと見せかけてフリックする等、非常に解りにくい卓球をみせる。

1ゲーム目3点、2ゲーム目7点と圧勝。
3ゲーム目は、10−9のマッチポイントをしのいだ林兆恒選手だったが、2度目のマッチポイントを制した丹羽選手がストレート勝ちを収めました。
中国も対策がしにくい丹羽選手が、鍵を握っていると解説のお話でした。

水谷選手も「金メダルが取れたら、人生悔いはない」と話し、スウェーデンで闘っています。
最大の山場を制して、歴史が動く決戦を目にしたいと思います。
ガンバレ! 日本!!