2018年05月05日更新
世界卓球、男子は準々決勝 メダルをかけ運命の日韓戦です!

卓球「世界選手権団体戦」4日、スウェーデンのハルムスタードで行われています。
宿命のライバル対決!! 日韓戦です!

男子準々決勝で日本は韓国に1―3で敗れ、6大会ぶりにメダル獲得を逃しました。

男子準々決勝の試合結果は…
 《日本 1−3 韓国》
…ニ榁厦贈押檻嚇栄植(チョンヨンシク)
⊃綯 隼3−2李尚洙(イ サンス)
松平健太1−3張禹珍(チャンウジン)
た綯 隼0−3鄭栄植(チョンヨンシク
ツニ榁厦臓次次射尚洙(イ サンス)


 敖ニ棔VS チョンヨンシク(鄭栄植】
 (-15. 6. 9. -3. -9)
試合序盤から、全く互角の戦いぶりでした。
試合は、ファイナルゲームまでもつれ込んで、全ての力を振り絞っていた様に観えました。
張本選手は、大胆なロングサービスを出すも、チョン選手は読んで待っていた。
しかし、全くひるまず闘ったが、9ー10の場面で、チキータレシーブがオーバーミスをしてしまいました。
ファイナルでジュースに持っていく事ができなかった。
2-3でエース水谷選手に、祈りのバトンを託しました。

◆攷綯 VS イ サンス(李尚洙 】
 ( 9.ー11.3.ー12.7)

張本選手は見応えのある戦いを見せたが、フルセットで落としたのを見て、水谷選手は燃えていた。
一試合ごと、調子が上がってきている。
韓国のイ サンス選手はパワーのある選手で、当りだすと止まらず、世界のトップランカーを何人も倒しています。
水谷選手もナックル気味のバックフリックで攻め、台上プレーで圧倒し相手の良さを出させないで9本で勝ちました。

2ゲーム目から、お互いに攻めて攻められてのラリーが続く。
追い詰められても、水谷選手はひるまず闘ったが、イ サンス選手も譲れないものがあるのが見て取れた。
いい勝負をしたが、韓国も負けられないと11−13で、ジュースは韓国に軍配が上がリました。

水谷選手も、張本選手に負けない進化をしている。
3ゲーム目は6連続の得点をして、レシーブでの得点率は100%だったという。

4ゲーム目の出だし好調で、8-0とイ サンス選手に得点をさせない展開だった。
しかし、相手 イ サンス選手も6連続ポイントと、ジュースにもつれ込むゲームになってしまった。

韓国のエースの意地が上回り、12−14で落としてしまいファイナルに突入です。
世界のメダルは、こんなにも難しいのか?? と感じました。
ファイナルでは、日本のエースの覚悟が伺えました。
台について前陣で戦い11−7で、マッチポイントを手に入れました☆彡


【松平 VS チャンウジン(張禹珍】
  (−9. 9.−9.−7)
松平選手、甘いマスクで「帰ってきた天才」と呼ばれ 、中国を脅かす存在に成ってきました。
最高世界ランク9位の頃の輝きを、取り戻したい松平選手。
ブロック力がよく、守りから攻撃に結びつけた試合運びをする選手!
又、バックハンドが天才的で、しゃがみ込みサーブも武器としている。

相手韓国のチャン選手は、韓国では「神童」と言われている。
世界ランクは41位だが、世界チャンピョンまで倒してしまっている選手です。

最初の「しゃがみ込みサーブ」は効いていたが、次第にチャン選手はレシーブできる様に成ってきていた。
戦いは、紙一重の勝負になっています。

松平選手も前に着いて打ち合ったが、及ばずオーバー。
カウンターはオーバーミス。
フリックもネットにかかってしまう。

韓国のキーマンのチャン選手に、松平選手の健闘及ばす、1−3で敗戦しました。
チャン選手の、サーブが上回っていたように思えました。

ぁ攷綯 VS チョンヨンシク鄭栄植】
 (−5. −8. −7)
韓国のチョン選手は世界ランク53位ですが、水谷選手とは常に大接戦をしているそうです。
カウンターが得意の選手で、水谷選手のスマッシュもカウンターで打ち返してくるという。
水谷選手には、得意と言える相手選手ではないそうです。

この戦いでは、水谷選手のボールがバックに集まりすぎて、バックハンドが天才的なチョン選手には弾き飛ばされた。
又、ストップからの展開もうまくいかずリードされていた。
2ゲーム目の8-10で、チャン選手の得意としているチキータを返球できず、そのままゲームを落とした。

3ゲーム目も、序盤からリードされ、水谷選手ピンチ。
7点まで迫るも、ストレート負けをしてしまいました。


試合後、水谷選手は…
「メダルを取れず申し訳ない。
チャンスがあったのに決めきれなかった。
スタートダッシュでうまくいかなかったのは悔やまれる。
リベンジしたい」と話していました。

張本智和選手は…
「競り合いで落とした所が駄目だった。
勝てなくて悔しい。
どんな相手がきても勝てるようになりたい」とインタビューに答えていました。

「男子準決勝」進出は…中国、ドイツ、スウェーデン、韓国になりました。